名義貸しをしてはいけない理由とは?

はじめに

身近な人間関係において対応が難しいものの一つとしてお金の貸し借りがあります。簡単には断れない場合もあり万が一返済が滞ったときにも一筋縄ではいきません。
しかしそれ以上にやっかいな問題として名義貸しの問題があります。お金を貸すよりも問題が少ないように感じ安易に協力してしまう人がいます。借りる側も大したことではないと簡単に考えているようです。
ですがお金の貸し借りとは比較にならないほど大きな問題が生じることになります。
ここではそのやっかいな問題についてくわしく見ていきたいと思います。

名義貸しの種類

自分の名前で行為をすることを他人に認めるものを名義貸しといいます。
例えば特別な資格がないと営むことができない仕事をしたいときに、その資格がないため資格を持つ他人に形だけ関わってもらうことがあります。
お金の問題についていえば限度額いっぱいまで使ったため新たに借りられないときや信用情報に傷がついているためクレジットカードの発行がしてもらえないときに名前だけ借りるケースがあります。

お金を借りる

銀行や消費者金融からお金を借りたいがブラックリストに入っているため利用することができない、悪いようにはしないから名前を借りたいなどと人から頼まれることがあります。
昔はともかく今はその人の収入も安定していて特に問題はないだろうと安易に考えて貸してしまう人がいます。
たしかに返済がきちんと行われるのであれば貸主が承諾している以上なにも問題はないように思えます。むしろ自分を頼ってきてくれているのに断れば人間関係に亀裂が生じてしまうかもしれません。
ですが金融会社は契約書に書かれた人物が借主であると信じてその経済力を前提に貸し付けています。まったくの見ず知らずの人に貸すつもりはありません。各社の契約約款においても明文で他人に権利を譲渡できないと書かれています。犯罪として処罰される可能性もあります。
契約違反として解除されてしまうと一括で請求を求められることにもなります。その結果名義借人が支払えず結局自分が支払わなくてはならなくなります。

クレジットカードでも同じ問題が生じます。各社の約款で他人に使わせることは禁止されています。たとえ家族であっても許されていません(家族に使用させたいのであれば家族カードの発行を受けることができます。)。

カードを人に貸して返済がされなくなれば自分の信用情報に傷がつくことになります。名義貸しが発覚してしまう事態にでもなれば利用規約違反でそのカードは利用停止となり一括請求を受けるおそれがあります。さらに同じ会社で自分が使っていたカードがあればそちらも利用停止となる可能性もでてきます。信用情報に傷がついたときには他社のカードも更新を断られるおそれもあります。

また自分がローンを組む際に借りられる限度額が減るという問題があります。
貸金業者からの借り入れについては年収をベースにした規制が存在するため名義借人による債務が大きければ大きいほど自分が借りられる範囲が小さくなってしまいます。
このような規制の及ばない銀行などのローンであっても審査にマイナスに働く可能性もあります。

銀行口座

名義貸しはなにも借金やクレジットカードの発行にとどまるものではありません。銀行口座を借りたいと懇願されることもあります。
さすがに銀行口座の開設についてはおかしいと感じ応じない人が大半だと思います。なぜなら借金の有無とは関係なく口座の開設はできるのでありその人自身が申し込めばいいはずだからです。そうしない理由として何らかの犯罪に利用されるのではないかと普通は警戒します。
ところが口座の開設が困難な人が実際に存在するのです。例えばヤミ金から借りてしまい他の人の返済口座として自分の口座が利用され結果として口座が凍結されてしまうことがあります。犯罪に利用されたことになるため同一名義の他の金融機関の口座も凍結されることがあり新規の開設もできなくなることがあります。
このような話を聞いてかわいそうになり実際に貸してしまう人もいますが決して応じてはいけません。そのような行為は犯罪として処罰されることになっているからです。
もし口座が凍結されて困っている人がいれば弁護士に相談するようアドバイスすることが大切です。

返済義務は誰が負うのか

消費者金融やカード会社から請求を受けた場合に誰が支払わなければならないのでしょうか。別人のふりをしていたとはいえ実際に契約をした人ではないかとも思えます。たしかに最終的には直接借りた人が責任を負うべきだといえますが形式的には名義人が責任を問われることになります。
お金を貸した側にとって借りている人は契約書に表示されている名義人だからです。
名義借りをした人が順調に支払い続けていれば特に問題は表面化しないかもしれません。しかし名義を借りざるを得ない状況にあるということは信用状態が悪化している証拠です。支払えなくなる可能性がそもそも高い状況にあります。だからこそ金融業者は融資を断っているのです。
名義貸しをしていたと主張しても責任を免れられるわけではありません。むしろ事実が発覚したことで契約を解消され一括で請求をされる可能性もあります。

更に深刻な事態に陥りやすい理由が信用状態の差です。名義人と借り手では前者のほうが信用状態が高いため借り手の信用では不可能な大きな限度額が設定されることがあります。名義人の経済力を元に設定されているためもし限度額いっぱいまで使われてしまった場合には名義人自身が返済することも難しくなります。たとえ借り手との間でいくらまでしか借りてはいけないと約束していたとしても金融業者にとっては関係ありません。全額の請求をしてきます。
例えば、AがBに頼まれて身分証などを交付しBがAになりすましてC金融会社との間で融資契約をし300万円の限度額が設定された場合に、AとBが30万円までしか使わないと約束していたとしてもBが300万円を借りてしまったときにはAは300万円の請求を受けることになります。

では実際に返済が滞った場合になにが起こるのでしょうか。
督促状が届き事態の深刻さにはじめて気がつくかもしれません。自分が借りたものではないから返す必要がないと考えて放置しているとさらに事態は悪化することになります。
信用情報機関に事故情報として登録され新規のローンが組めなくなったり利用しているクレジットカードの利用が停止されたりします。
最終的には訴訟を起こされ財産に対し強制執行を受けることになります。勤務先を契約書に記載しているため給料が差し押さえられることもあります。
支払いたくてもお金がなく支払えないのであれば債務整理が必要です。

すでに返済が滞り督促を受けている状況におかれているのであればすぐに弁護士に相談しなければなりません。

代わりに返済した場合に実際の借主に支払ったお金を返すよう請求することはできないのか疑問に思うかもしれません。
もちろん理屈の上からは可能ですが相手は経済状態が悪いからこそ滞納しているのであり、現実的に回収は難しい面があります。

その他の問題

犯罪への関与

これまで見てきたケースは知り合いから助けを求められたものでした。
しかし反対に自分がお金に困って謝礼金目当てに貸してしまうケースもあります。

例えば金融機関の口座を作ってキャッシュカードや通帳を渡せば謝礼金を支払いますという勧誘があります。
少し考えれば何らかの犯罪に使われることは気づくと思います。このような行為をすると口座を買う側も売る側も処罰されます。
さらに刑罰を科せられるほうがまだいいと思えるような深刻な問題に直面することになります。
このようなことをしてしまうと二度と銀行口座を作れなくなるおそれがあるのです。売却した口座のある銀行以外で作ればいいと甘く考えている人もいますが国内にあるすべての金融機関で口座開設が困難になります。
警察庁が金融機関に対し凍結口座名義人リストを提供しているためどの銀行で行ったかは関係ないのです。
就職が困難になったり年金や各種手当の受け取りが困難になったりするため日常生活に大きなハンディを負うことになります。わずかな謝礼のために人生を壊してしまうのです。

携帯電話を利用したものもあります。ヤミ金からお金を借りるために連絡をとると携帯電話を契約し指定した場所に送るように指示されることがあります。
振り込め詐欺などの犯罪に使われることは明らかであり犯罪組織のメンバーと疑われることになります。
高額な利用料金の請求を受けるケースが多く支払えずに滞納した結果自分の携帯電話も利用停止になるおそれがあります。

もし借金に困っているのであれば債務整理を検討しましょう。必ず解決策はあります。

頼まれた場合への対処法

知り合いから名義を貸してほしいと頼まれた場合にはそれが違法なことであり協力できないと毅然と対応することが必要です。相手を犯罪者にしないためにも大切なことです。
一時的にお金が足りない事情がありどうしても助けてあげたい場合には直接現金を融通してあげる方法もあります。
借金に困っている様子であれば債務整理をすれば解決可能であり弁護士に相談するよう伝えることが最善です。

まとめ

  • 自分では融資が受けられないので名前だけ貸してほしいと頼まれることがありますが違法な行為に当たります。毅然とした態度で断らなければなりません。
  • 契約上は名義を貸した人にも責任が生じるため返済を求められたときには応じる必要があります。
  • 銀行口座の名義貸しは犯罪に当たります。すべての金融機関で口座が凍結され二度と開設できない可能性があります。
  • 借金に追われている場合には債務整理が最善の選択肢です。早めに弁護士に相談することが大切です。

その他の債務整理記事

相談無料 全国対応 24時間受付 気軽にLINEで相談してみる LINE無料診断!! いくら減るか試してみる!! [無料] 借金減額シミュレーター
気軽にLINEで相談してみる LINE無料診断!! いくら減るか試してみる!! [無料] 借金減額シミュレーター
ページトップへ
ページ最下部へ